2014-11-04から1日間の記事一覧

ソロモンの偽証

八月の末から三か月、月二冊ずつ刊行され、文庫で計六冊、一冊がだいたい550ページであるから大長編だったが、長さなど気にならず面白くて毎月続きが待ち遠しかった。宮部みゆきは小説がうまいのは認めざるを得ない。 クリスマスの日の朝に中学校で死体が…