読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母親の勤める病院の理学療法士が、私の中学の同級生であることが判明した。

 
昨日職場の送別会があったそうで、彼とは今まで喋ったことがなかったが、たまたまテーブルが一緒になり話してみると、息子と年齢も出身中学も同じ。ためしに母が私の名前を伝えてみると、覚えています中学一年の時同じクラスでしたと答えたそうだ。
 
私も彼のことは覚えているし、悪い印象もお互いないはずなので別に良いのだが、彼と同じクラスになったのは確実に中学二年の時である。仲が悪かったということはあり得ないが、では仲が良かったかと聞かれれば、そういうわけでもないことを象徴する記憶違いだと思った。